“顕信”の読み方と例文
読み方割合
あきのぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
輔佐には、顕家の弟、顕信陸奥の鎮守府将軍にのぼせ、また、結城宗広をも付き添わせて、ここに、東下の軍勢が、再編成されたのだった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
親房の第二子顕信の子守親陸奥守に任ぜらる……その孫武蔵に住み相模扇ヶ谷に転ず、上杉家う、上杉家ぶるにおよびに改め後青木に改む
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
雅家北畠と号す——北畠親房その子顕家顕信顕能の三子と共に南朝無二の忠臣楠公父子と比肩すべきもの、神皇正統記わして皇国の正統をあきらかにす
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)