“南朝”の読み方と例文
読み方割合
なんちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一休さんは、応永元年一日将軍義満が、その義持をゆずった南朝後小松天皇とし、伊予局としてれました。
先生と父兄の皆さまへ (新字新仮名) / 五十公野清一(著)
「ぼくは今日先生にぼくのご先祖のことを聞きました。北畠顕家親房……南朝の忠臣です。その血を受けたぼくはえらくなれない法がありません」
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
いわゆるこれが、南朝である。——それにたいして、京都の朝廷を、北朝と、世人はいった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)