“飽氣”の読み方と例文
新字:飽気
読み方割合
あつけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あまりによく知り過ぎて居る平次の言葉に、岩松は飽氣に取られてその顏を眺めて居りましたが、思ひ直した樣子で、斯う續け出しました。
もとが本當ぢやねえからずんぶらのめつちやつたもんでさ、本當飽氣ねえで、それお内儀さんわし他人死骸見付けて大騷ぎしてらせにたら
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「おなじ年の八月です。たつた半年足らず遲かつただけ。實に飽氣なかつたよ。」
(旧字旧仮名) / 島木健作(著)