“喜多川季荘”の読み方と例文
読み方割合
きたがわきそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伊原さんは喜多川季荘の『近世風俗志』に、この演戯の起原沿革の載せてあることを報じてくれた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)