“喜多川”の読み方と例文
読み方割合
きたがわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遊園地を拵えた男は、Y市一等の旧家で、千万長者と云われる喜多川家に生れた一人息子で、治良右衛門という妙な名前の持主であった。
地獄風景 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
鳥居清長が三枚続児女江之島詣の図の背景の如きまた喜多川歌麿が隅田川渡船の如き即ちこれなり。時代の気運はく風俗画のに独立せる山水を要求するに至れるなり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
見ると彼の熱心な愛読者として知合っている喜多川未亡人夏子であった。
恐怖王 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)