恐怖王きょうふおう
一台の金ピカ葬儀自動車が、どこへという当てもないらしく、東京市中を、グルグルと走り廻っていた。 車内には、よく見ると、確に白布で覆った寝棺がのせてある。棺の中に死人が入っているのかどうかは分らぬけれど、棺をのせた葬儀車が、附添いの自動車もな …
作品に特徴的な語句
あき ぐるい やしき きっ みず 着換きかえ ふさ おそれ かかえ きり うる など 居合いあわ なまめ じょう つかま おぼえ やわらか ただ ねぎら ことな えん しまり あが ひっ がえん とび つっ あるい つい おち やっこ しょう あけ つかま 最早もは あらた ぜん うたぐ むこう くれ 口早くちば かえっ のち 彼奴きゃつ 引掴ひっつか ろう やす にく うなず 常傭じょうやとい すで わざ たくみ あわただ 届出とどけい 寝室ねま 嬌態きょうたい まばた こまね 夜更よふけ 見覚みおぼえ そと おぼ かたま べい おさ かな しょう 文言ぶんげん 文身いれずみ たたみ 合点がってん から かわ ごう 仮令たとえ せつ にせ すべ うお ため かた こつ しゃく 間髪かんぱつ