“喜多床”の読み方と例文
読み方割合
きたどこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吾輩だって喜多床へ行って顔さえってやあ、そんなに人間とったところはありゃしない。人間はこう自惚れているから困る。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
然れどもこは真に出来のよかりしにあらず、一つには喜多床りに行きし時、独乙語の先生に順をり、先に刈らせたる為なるべし。こは謙遜にあらず、今なほかく信じて疑はざる所なり。
その頃の赤門生活 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
下駄の歯がにはさまる。先生はたいへん困っていると、正門前の喜多床という髪結床の職人がおおぜい出てきて、おもしろがって笑っていたそうである。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)