“平家物語”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へいけものがたり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“平家物語”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今では、その雑誌の名も覚えて居ませんが、平家物語へいけものがたりに主題を取つて書いた小説のつてゐるのを見たことがあります。
一人の無名作家 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
平家物語へいけものがたり源平盛衰記げんぺいせいすゐき以外に、俊寛しゆんくわんの新解釈を試みたものは現代に始まつた事ではない。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)