“平家建”の読み方と例文
読み方割合
ひらやだて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この寺の墓地と六間堀の裏河岸との間に、平家建の長屋が秩序なく建てられていて、でこぼこした歩きにくい路地が縦横に通じていた。
深川の散歩 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
著者はこのとき反問して、はこの町家平家建つてゐるかといつてみたが、該學生眞相了解したのは、其状況暫時熟視したのことであつた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
平家建の小家が立並ぶ間を絶えず曲っているが、しかし燈火は行くに従って次第に多く、家もまた二階建となり、表付だけセメントづくりに見せかけた商店が増え
寺じまの記 (新字新仮名) / 永井荷風(著)