“平家建”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひらやだて100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“平家建”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)100.0%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
三階建さんがいだてとう階下かいか平家建ひらやだて屋内おくないにゐたひとすのは
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
この寺の墓地と六間堀の裏河岸との間に、平家建ひらやだての長屋が秩序なく建てられていて、でこぼこした歩きにくい路地が縦横たてよこに通じていた。
深川の散歩 (新字新仮名) / 永井荷風(著)