“いびき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
91.1%
鼾声7.5%
0.7%
0.4%
時々鼾0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地下室の中でも、彼は、遠方から地響の伝わってくる爆撃も夢うつつに、からましがられるほど、ぐうぐうとをかいて睡った。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
馬鹿野郎め、と親方に大喝されて其儘にぐづりと坐り沈静く居るかと思へば、散かりし還原海苔の上に額おしつけ既鼾声なり。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
何者かこれ、天地を枕衾として露下月前に快眠せる漢子は、数歩のうちにありてを立てつ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
危険を冒すことだけが登山の最大の意義だというんなら、それはスポーツの軽業主義だよ。……君、君、そこでなんかかいちゃ駄目だよ。
十時頃になると、車中の人は大抵こくり/\と居睡を始めた。忠太は思ふ樣腹を前に出して、グッと背後れながら、口を開けて、時々鼾をかいてゐる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)