“絶体絶命”の読み方と例文
旧字:絶體絶命
読み方割合
ぜったいぜつめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というのが、にとるようにこえるので、さんはもういよいよ絶体絶命とかくごをきめて、一心におえながら、れるだけって行きました。
安達が原 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
いよいよ絶体絶命です。これももとはといえば重吉のいたずらから出たことです。思えば重吉がうらめしくなりました。で、とうとう六兵衛はおろおろ声で
とんまの六兵衛 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
保吉は絶体絶命になった。この場合唯一血路になるものは生徒の質問に応ずることだった。それでもまだ時間が余れば、早じまいをしてしまうことだった。
保吉の手帳から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)