“絶體絶命”の読み方と例文
新字:絶体絶命
読み方割合
ぜつたいぜつめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はハツトつて一時遁出さうとしたが、今更げたとて甲斐があらう、もう絶體絶命覺悟した猛狒はすでに目前切迫した。
惡者共は七八人裏手へ廻り立み前後より追迫るにぞ半四郎は彌々絶體絶命なるの木をヤツと聲かけ根限になしサア來れと身構へたり之を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
併しながら今や絶體絶命の場合となつて、何方とも身の振方を付けなければならぬ破目に押付けられてゐる。で
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)