“宍戸梅軒”の読み方と例文
読み方割合
ししどばいけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女のいうその人というのは、山の総務所、高雲寺平等坊の寺侍——総務所の宝蔵番を勤めている宍戸梅軒のことをいったものに違いない。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
宍戸梅軒というクサリ鎌の達人と試合をしたことがある。クサリ鎌というものは大体に於て鎌の刃渡りが一尺三寸ぐらい。柄が一尺二寸ぐらい。
青春論 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
しかし、分らないのは、なんのために、自分の生命を他人が——ここの宍戸梅軒が、奪おうとしているのか、その理由が見つからない。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)