“杏坪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうへい75.0%
きやうへい25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
叔父の杏坪の噂、春風の消息、郷里の家にのこして来たままもう二十四にもなって、家事の納まらない山陽の長子の余一夫婦のこと。
梅颸の杖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
我邦近世ノ詩人六如師ハ第二集ヲ以テ絶佳トナス。杏坪翁モマタ晩年ノ詩ヲ以テ絶佳トナス。ワガ友雲如山人詩篇ダ富ム。陸続トシテ刻ニ付ス。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「劉梅泉は彭城彦二郎、游竜彦二郎とも称し候。頼杏坪とも会面したる旨、寛斎宛同人書翰に見え居候。彭城東閣の裔かと愚考仕候。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
頼氏では此春杏坪邑宰を辞して三次を去つた。年は七十五である。「何同老萼黏枝死。好趁乳鳩呼子帰。」杏坪の子は采真舜燾である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)