“杏齋”の読み方と例文
新字:杏斎
読み方割合
きやうさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「親分、五丁目の杏齋先生が、お話をしたいことがあるとかで、下で待つてをりますが」
「五丁目の杏齋先生のところだ。三本目の徳利の酒に、毒があるかないか見て貰ひたい」
「もう一本あつたのか、毒酒の入つてゐた二本は、あの杏齋先生が持つて行つた筈だ」