“杏仁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうにん66.7%
あんにん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
単なるマジナイではなくて、杏仁か葉緑素か、何かの成分があったのだろう。不思議に、コロリと効いた。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
先ず生の菓物が四色、即ち芭蕉の実に林檎蜜柑竜眼肉というようなもの、それからした菓物が四色、それから西瓜の種に南瓜の種松の杏仁といっての種とその四色を四瓜子と申します。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
卓子の上に、飲みのこしのウィスキーの壜があり、その横に空になったコップがありましたが、ぷーんと強く杏仁の匂いがしていました。彼は青酸加里を用いたのです。
密林荘事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)