“中田”の読み方と例文
読み方割合
なかだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中田は、なぜそんなところへ行ったのか、我ながらハッキリとした憶えはないのだが、てに、あらゆるものに、自棄を味わった彼は
自殺 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
優が登庁すると、その使役する給仕は故旧中田某の子敬三郎である。優が推薦した所の県吏には、十五等出仕松本甲子蔵がある。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
足利の福井は遠いし、佐野のあら町は不便だし、ここらから若者が出かけるには、茨城県の古河中田かに行くよりほかしかたがない。中田には大越まで乗合馬車の便がある。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)