“甲子蔵”の読み方と例文
読み方割合
きねぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
優が登庁すると、その使役する給仕は故旧中田某の子敬三郎である。優が推薦した所の県吏には、十五等出仕松本甲子蔵がある。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
成善とに東京に来た松本甲子蔵は、優善に薦められて、同時に十五等出仕を命ぜられたが、兵事課長に進み、明治三十二年三月二十八日に歿した。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
余所行の我髪だけ母の手を煩わした。弘前にった時、浅越玄隆、前田善二郎の妻、松本甲子蔵の妹などは菓子折を持って来て、陸に髪を結ってもらった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)