“五十嵐甲子雄”の読み方と例文
読み方割合
いがらしきねお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南条五十嵐甲子雄の二人は、上方の風雲を聞いて急に江戸を立つことになりました。宇津木兵馬はそれを送って神奈川まで行きました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
その南条力と向き合って、これは枯草の上に両脚を投げ出しているのは、いつもこの男と影の形に添うように、離れたことのない五十嵐甲子雄であります。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そのうちの一人は南条力であって、もう一人は五十嵐甲子雄——この二人は、勤王方の志士であって、主として関八州を流浪して、他日の大事のために、地の理を見て置くのつとめを行いました。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)