“糸満”の読み方と例文
読み方割合
いとまん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
糸満人が九州の荒磯に出没し始めると、今まで記述せられなかった色々の多彩の魚が市場に現われて、内外の魚学者を喫驚させたという話も聴いている。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
島尻糸満という漁師町があります。暮し方が違うので、風俗も違い持物も違います。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
はじめは糸満の個人財産制度に感心し、そこに自分の理想を見出したように解釈した。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)