木馬は廻るもくばはまわる
「ここはお国を何百里、離れて遠き満洲の……」 ガラガラ、ゴットン、ガラガラ、ゴットン、廻転木馬は廻るのだ。 今年五十幾歳の格二郎は、好きからなったラッパ吹きで、昔はそれでも、郷里の町の活動館の花形音楽師だったのが、やがてはやり出した管絃楽と …
作品に特徴的な語句
一寸ちっと 何人なにびと じょ づら かん とど なまめ ぜん やっこ 幾歳いくさい 生酔なまよ しん 一層いっそ 二間にけん 今日きょう 今更いまさ なか 名残なご 嘲笑ちょうしょう そと 小遣こづか めぐ かか ゆびさ ばち きま ため とっ 町家ちょうか まなこ 藪入やぶい にぎや 一向いっこう 一途いちず 万歳ばんざい 上辺うわべ 九尺くしゃく しま 二廻ふたまわ 今宵こよい 今日こんにち もっ 仮令たとい とぎ おれ そば わず ふゆ もた 切符きっぷ 勘定かんじょう 半襟はんえり 取柄とりえ ほか 大儲おおもう 大分だいぶ 大抵たいてい ごと 姑息こそく 威勢いせい うれ さび 小僧こぞう 小皺こじわ めぐ おの 常傭じょうやと 幔幕まんまく 年増としま 年月としつき 年齢とし かす まわ 怒鳴どな おこた なぐさ いきどお 憤懣ふんまん 手垢てあか 拍手かしわで かかわ ひろ 挨拶あいさつ さず ゆえ 明日あす