“脅迫状”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうはくじょう75.0%
けふはくじやう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“脅迫状”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それがよく分らない。烏啼と名乗なのる彼に会った者は誰もない。しかし脅迫状きょうはくじょうなどで、烏啼天駆の名は誰にも知れわたっている」
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)
闇成金の苅谷勘一郎氏の許へ、その朝恐るべき脅迫状きょうはくじょうが舞いこんだ。
平次の言ひ付けは善惡共に默つて聽くガラツ八ですが、此脅迫状けふはくじやうの投込みには、さすがに驚いた樣子です。
平次の仕事はひとわたり家の内外を見ると、次には死んだ巨盜蝙蝠冠兵衞かうもりくわんべゑ脅迫状けふはくじやうを見せて貰ふことでした。