“組牢”の読み方と例文
読み方割合
くみらう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
脊負お花と供に三河町を指て急ぎけり又伴建部の兩人は腰元お島が働きにて難なく藤五郎の押込ある組牢の處に到り見るに哀なる哉藤五郎は主税之助が惡心により日外より日々食物を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
れてあれば惣身痩衰へ眼はみ小鼻も落て此世の人とも見えざるゆゑ兩人の用人はを流し是が嘉川家の若殿樣の有樣なるか扨々淺ましき御事なり少しも早く御連退申さんと兩人して組牢
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)