“實見”の読み方と例文
新字:実見
読み方割合
じつけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れがめに大邊危險るとのですが、田舍りまする時分れに實見したりますから、れをばじます、れは二りの子供
大正十三年琉球諸島西表島北方ても同樣現象實見したことがあつた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
實見はしませんが、御覽り、海面から餘程いあの屏風岩尖頭にも、海草打上げられたですから、秘密造船所内部無論海潮浸入のために、大損害つたでせう