“裏戸口”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うらとぐち50.0%
うらどぐち50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“裏戸口”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なにしてけつかんだ」と勘次かんじ裏戸口うらとぐちから一どうおどろかして呶鳴どなつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
卯平うへいくちうちつぶやいて裏戸口うらとぐちまはつてたら其處そこうちから掛金かけがねかゝつてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おつぎはすぐ自分じぶん裏戸口うらどぐちつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
彼等かれらはさういふ褞袍どてらかぶつて他人たにん裏戸口うらどぐちたねばらぬ必要ひつえう條件でうけんひとつもつてない。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)