“右頬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みぎほお50.0%
ミギホオ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“右頬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ぼくはことさらなぐられるのも感じないほど酔っている風によそおい、くちびるを開けてフラフラして見せているのに、沢村さんは、続けて、ぼくの右頬みぎほおから左頬へと、びんたをわせ、松山さんをかえりみてはニヤニヤ笑い、「こら、大坂ダイハン、これでもか。これでもか」 といくつも撲った。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
不滅フメツ真理シンリ微笑ホホエンデオシエル、「一長一短イッチョウイッタン。」ケサ、快晴カイセイ、ハネキテ、マコト、スパルタノ愛情アイジョウキミ右頬ミギホオフタツ、マタツ、ツヨツ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)