あの頃の自分の事あのころのじぶんのこと
以下は小説と呼ぶ種類のものではないかも知れない。さうかと云つて、何と呼ぶべきかは自分も亦不案内である。自分は唯、四五年前の自分とその周囲とを、出来る丈こだはらずに、ありのまま書いて見た。従つて自分、或は自分たちの生活やその心もちに興味のない …
作品に特徴的な語句
もえ まづ いたづら 人道ユウマニテエ にほひ すなはち さいはひ 洒落しや 煌々くわうくわう 磅礴ばうはく あらは だけ でん にはか 敏捷びんせふ こは 滔々たうたう さわやか なんぢ 男女なんによ まばゆ くびす あざやか かつ ふたたび すさま おびや いきほひ 可笑をか くは むしろ もつと 彽徊ていくわい 従容しようよう うらみ 懸隔かけへだ 所以ゆゑん かたぶ 梗概かうがい 澎湃はうはい 牛耳ぎうじ なほ 珈琲コオヒイ 瘴気しやうき 糟粕さうはく 脂臭あぶらくさ 諧謔かいぎやく ただ 迂遠うゑん はるか 銀杏いてふ 間際まぎは 阿父おとう すこぶる しきり ひるがへ 髣髴はうふつ 一群ひとむれ うち 中車ちゆうしや 乃至ないし 代物しろもの 何時いつ ぬす 傴僂せむし こがらし 匇々そうそう ひる 可也かなり 台辞せりふ とが つちか 声色こわいろ 外題げだい おびただ 如何いか 容子ようす まさ しばしば ついで 径庭けいてい 心算つもり いよいよ あきた あわ 懸念けねん くく 斑猫はんめう しばら 杉形すぎなり まくら 欠伸あくび 毎時いつ 泰斗たいと