“むだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
無駄57.2%
無益9.0%
6.2%
4.8%
徒労2.8%
2.1%
2.1%
徒爾2.1%
水泡2.1%
不要1.4%
無効1.4%
徒勞0.7%
0.7%
冗漫0.7%
冗語0.7%
冗費0.7%
徒為0.7%
無效0.7%
無用0.7%
無要0.7%
無陀0.7%
贅事0.7%
贅肉0.7%
贅費0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「太田さん教誨師に何を頼みなすった?」「なに、本を貸してもらおうと思ってね」「そりゃ、あなた、無駄なことをしなすったな。 ...
(新字新仮名) / 島木健作(著)
こいつあ明日になりゃあ勝負がつくのだ、どうせ無益にゃあってるが明日行って見ねえ中は楽みがある、これよりほかには無えんだ。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
今からお眼が狂ふもの、乃公が時計はふたと、後のお詞聞かぬ為、私が合はしておきますると。ただ一分のその隙も、に過ごさぬ、竜頭巻。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
「手数をかけて金をかけて、時間をかけてなものを作る! それが『進んだ』ということなら、今の浮世は進んでいるよ」
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
お松 (お吉に)およしおよし、あの人のおなんだ。何をいったって徒労さ。やけくそな女なんだからねえ。
一本刀土俵入 二幕五場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
「えい、奥様を見付けたのでございます。方々探して知れなかったも道理、こんな処に隠れていらっしゃるんだもの、今日の御足にはなりませなんだ。いかがいましょう。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
立去り我が家へ歸りりしこともとも成しとて夫より只管菩提らはんと思ひを供へ香をて只々一途に後生を願うて所に其夜丑刻頃と思ふ折しも表の戸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
若し話が一つ間違つて、面倒な事でも生じましたら、私が困りますよりは余程赤樫の方が困るのは知れてゐるのですから、私をけやう為に、お話をなさるのなら、徒爾な事で御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
見舞にとらねばならねど、お使の一とても時計目當にして幾足幾町しらべのるしさ、けても、とはへど惡事といへば折角辛棒水泡にして
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
然も自分が此稀有なる出来事に対する極度の熱心は、如何にして、何処で、此出来事に逢つたかといふ事を説明するために、実に如上数千言の不要なる記述を試むるをさへ
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
無効と知りながら又主税は、満身に力を籠めて体を揺すった。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
徒勞だよおめえ、がいふことだつて苦勞はねえんだから」さん勝手なことをがや/\とけた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
百姓けばめた。醫者はそれで徒勞だといつた。百姓をしてぼつとしてるのみであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
真麻むら」は、真麻で、それを刈ったものを抱きかかえて運ぶから、「き」に続く序詞とした。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
上毛野安蘇真麻むられどかぬをどかがせむ 〔巻十四・三四〇四〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
広巳は冗漫な口を利きたくなかった。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
拙者がだと思へばいハテ百年住み遂げる人は無いわサト痩我慢の悟りを開き此所の新築見合せとし田へ引く流に口を冗語れの忘れ草笑聲
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
何処か以前のお癖がありますから、どうも御身代のお為に悪いそうでございまして、殿様育ちのお癖かお冗費が立ちだすような事がありますから、商法なすっても思うようには儲けもないが
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「だって一日れると一日徒為になるだけですもの。早く行って早く帰って来ていただく方がいいわ」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
鐵車は、險山深林何處でも活動自在だが、すべりのだけでは如何する出來ぬのである、萬一して、非常で、幾度車輪廻轉してたが無效だ。
Jesu Maria! どれほど蒼白をローザラインのうたことやら? 幾何鹽辛水無用にしたことやら
ベンヺ では、う。見附けられまいとてゐるものをすのは無要ぢゃ。
餘所に聞流すは本意ならず思ひ餘程刻限たりと申せしかど假令無陀になるとも屆くだけは御助力致さんと着しに幸ひ間に合ておひ申たるは我等の本望先々安堵致されよと申ければ夫婦は漸々安心してホツと溜息
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
引受アノ一なる親父殿に罪なき足下打擲れ廿餘年の奉公を贅事にしてを引され夫を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『おつたのか、それとも贅肉つたのか?』とひました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
オヤおッ母さんお帰り、何ネおッ母さんはをらぬし、お父さんも寐たから、それで贅費だと思つてランプの芯を引込めて置いたんだアネ。
小むすめ (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)