“㧞”の読み方と例文
読み方割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これはらぬと力足こたゆる途端、さのみにはざりし前鼻緒のずる/\とけて、よりもこれこそ一の大事りぬ。
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
梯子段ると、廊下片側便所杉戸があり、片側には三と六座敷三間ほど、いづれもがあるらしくつたにスリツパがてゝある。
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
それと長吉をかくれば丑松文次そのの十餘人方角をかへてばら/\と逃足はやく、露路にかゞむもるべし、口惜しいくやしい口惜しい口惜しい、長吉文次丑松
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)