“てんごう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
悪戯33.3%
惡戲33.3%
戯言33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
源介は濁声だみごえで一喝した。「ところもあろうに江戸の真ん中で、女悪戯てんごうとは何事だ、くじらの源介が承知ならねえ! 俺の縄張りを荒らしやがって、いいかげんにしろ、いいかげんにしろ!」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
彼女おてき調伏てうぶくしてしまふまで、それを突立つッたたせておいたならば、それこそ惡戲てんごうでもあらうけれど、いまのは正直正當しゃうぢきしゃうたう呪文じゅもんぢゃ
「あの、お前さまの戯言てんごうばっかり。このお染さまはお前のお相方ではござりませぬか」
鳥辺山心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)