“ふざけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
巫山戯85.3%
巫山戲3.7%
巫戯化1.8%
惡戲1.8%
巫女戯0.9%
巫戯0.9%
弄戯化0.9%
悪戯0.9%
戯気0.9%
戯謔0.9%
狎戯0.9%
諧謔0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
畜生、巫山戯ている。私は……一昨々年——家内をなくしたのでございますが、がそれだったらこういうめた口は利きますまい。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
圭一郎は立つて行つた、それを女中の手から奪ふやうにしてぎ取つた。痘瘡の跡のある横太りの女中は巫山戲てなほからかはうとしたが、彼の不愛嬌なめ面を見るときまりわるげに階下へ降りた。
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
昨日川田やがでおちやつぴいのお六めと惡戲まわして、たくもない往來へまでしてちつたれつ、あんないた了簡げられやうか、まあ幾歳だとおもふ三十は一昨年
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そんな訳なんで……どうもあすこの材木置場って奴はロクな処じゃねえんで……変な野郎や阿魔ッ子の巫戯場所になっておりやすんで……ヘイ。
芝居狂冒険 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
学問だの数学だのと、あとから出来たものにばかり驚いて、弄戯化た真似をしやがる。百年前に生れた奴は一匹も居ないと見える。りながら日本の地震鯰様は昔から無学文盲で押して来た人だ。
昨日も川田やが店でおちやつぴいのお六めと悪戯まわして、見たくもない往来へまで担ぎ出して打ちつ打たれつ、あんな浮いた了簡で末が遂げられやうか、まあ幾歳だとおもふ三十は一昨年
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
世の中には随分悪戯気の多い人もあるから、大に警察を騒がせて、草葉の蔭から笑ってやろうと計画する場合もあるだろう。
闘争 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
「オホホ、ですネエ、お戯謔なすっては。今鴫焼えてあげます。」
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
四辺構はず狎戯る、妙な姿態をする。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
あの豚一様(豚肉を試食したという一橋公の異名)か、何も知らないものは諧謔半分にそんなことを申しまして、とかく江戸では慶喜公の評判がよくございません……
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)