“豊後介”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶんごのすけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“豊後介”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何事も豊後介ぶんごのすけの至誠の賜物たまものであることを玉鬘も認めていたし、右近もそう言って豊後介をめた。
源氏物語:22 玉鬘 (新字新仮名) / 紫式部(著)
と兄弟は家族をおどすのである。長兄の豊後介ぶんごのすけだけは監の味方でなかった。
源氏物語:22 玉鬘 (新字新仮名) / 紫式部(著)