“源流”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げんりう50.0%
げんりゅう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
領主 暫時叫喚ぢよ、疑惑かにして源流取調べん。、われ卿等悲歎ゐて、をも取遣はさん。づそれまでは悲歎んで、不祥事吟味とせい。
源流すでに遠くして
天地有情 (旧字旧仮名) / 土井晩翠(著)
それから一日ほどの所にブラマプトラという大河の源流である、チベット語のタムチョク・カンバブという川に着くことになって居るんです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
疑いもなくこれは、海にそそぐ川の源流である、日はだんだんかたむきかけたので、一同はここに一することにきめた。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)