一本の銀の針いっぽんのぎんのはり
兄と妹は、海岸の砂原の上で、いつも仲よく遊んでいました。 おじいさんは、このあたりでは、だれ一人、「海の王さま」といえば、知らぬものはないほど、船乗りの名人でありました。ほとんど一生を海の上で暮らして、おもしろいこと、つらいことのかずかずを …
作品に特徴的な語句
しょう うえ あじ たたか ちち こお うしな ゆる かか むな 三日みっか 両親りょうしん なか 他人たにん かたむ はは あに あたま おと しず あいだ けだもの 金色きんいろ ぽん のぞ 白髪はくはつ よる あか まか にち 方向ほうこう ほう たい さぐ 破片はへん きれ つよ かれ いか なが 浜辺はまべ うみ 海岸かいがん 海底かいてい なみだ わた 渦巻うずま 無事ぶじ とう きば くる せま おう めずら 異様いよう 病気びょうき しろ 盲目めくら 砂原すなはら やぶ 破船はせん れい いの わたし そら まど はし だい こた 運命うんめい あめ なが ぎん はり 避難ひなん とお みち とお かがや