“緋緑”の読み方と例文
読み方割合
ひりょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幞頭角帯緋緑の衣を着た判官が数人入ってきて何か言いはじめた。友仁は何を言うだろうと思っての下へ身を屈めて聞いていた。
富貴発跡司志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)