“先日中”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こなひだぢゆう60.0%
こなひだうち20.0%
こなひだちゆう20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“先日中”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「私はかういふ者でございますが先日中こなひだぢゆうから一度あなたにお目に懸りたいと存じまして……」
母親が階下へ下りてから、馬越は先日中こなひだぢゆうからの妻の態度や言葉などを穴の明くほど見詰めてゐたが、すると、怒りを含んで物狂はしさの發作を感じた。
仮面 (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
宗教的所属といつただけでは、日本の政治家の前では一向通じないかも知れない。物は試しだ。先日中こなひだうち大阪に来てゐた尾崎愕堂氏をつかまへて、
「時に近頃御無心の次第だが、先日中こなひだちゆういつもお炷きになつてゐたあの御秘蔵の香ですな、あれを少しばかり戴かれますまいかな。」