“長子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちょうし50.0%
ちやうこ16.7%
ちやうし16.7%
ちようし16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、長子のセルゲイは丁度大学の四年級になってから、急性肺病死亡してしまう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
長子刀自の話に、狩谷棭斎が京都加茂神社の供物台を得て蘭軒に贈り、伝へて榛軒、柏軒、磐、津山碧山、長門の人矢島に至つたものがあると云ふ。恐くは是であらう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
が、長子のセルゲイは丁度大學の四年級になつてから、急性肺病死亡してふ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
を、それ/″\奧方阿蘇津妃命長子たる速瓶玉命靈場へられてあつた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)