“長子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちょうし50.0%
ちやうこ16.7%
ちやうし16.7%
ちようし16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“長子”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ところが、長子ちょうしのセルゲイは丁度ちょうど大学だいがくの四年級ねんきゅうになってから、急性きゅうせい肺病はいびょうかか死亡しぼうしてしまう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
しかれども永楽帝長子ちょうしを立てゝ、高煦を漢王とす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
長子ちやうこ刀自の話に、狩谷棭斎が京都加茂神社の供物台そなへものだいを得て蘭軒に贈り、伝へて榛軒、柏軒、磐、津山碧山、長門の人矢島じゆんに至つたものがあると云ふ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ところが、長子ちやうしのセルゲイは丁度ちやうど大學だいがくの四年級ねんきふになつてから、急性きふせい肺病はいびやうかゝ死亡しばうしてしまふ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
長子ちようしたる速瓶玉命はやみかたまのみこと靈場れいじようかんがへられてあつた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)