“年級”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねんきゅう66.7%
ねんきふ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年級生徒でいるのはいい気持だ——それはこの世できまった位置を作ってくれるからだ。しかし、一年生の生活にだって、時々いやなことがある。
身体検査 (新字新仮名) / フョードル・ソログープ(著)
が、長子のセルゲイは丁度大学の四年級になってから、急性肺病死亡してしまう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
が、長子のセルゲイは丁度大學の四年級になつてから、急性肺病死亡してふ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)