“急性”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きゅうせい50.0%
きふせい25.0%
せわ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから急性肺炎になり、うわごとを言い通していましたが、四日目の夜中に、ついに死んでしまいました。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
が、長子のセルゲイは丁度大學の四年級になつてから、急性肺病死亡してふ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
と云って熊城の眼が急性しく動いたのを悟ると
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)