“直角”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちよくかく27.3%
カネ27.3%
かね18.2%
ちよつかく18.2%
ちょっかく9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二階にかいから突切つききるのは河川かせん彎曲わんきよく直角ちよくかくに、みなとふねやくするがごと
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
軌道レール直角ちよくかく細長ほそなが茅葺くさぶき農家のうかが一けんあるうらやまはたけつゞいてるらしい。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
荒々しい声と一しよに、立つて、表戸と直角カネになつた草壁の蔀戸シトミドをつきあげたのは、当麻語部タギマノカタリオムナである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
荒々しい聲と一しよに、立つて、表戸と直角カネになつた草壁の蔀戸シトミドをつきあげたのは、當麻語部タギマノカタリオムナである。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
荒々しい声と一しよに、立つて表戸と直角かねになつた草壁の蔀戸しとみどをつきあげたのは、当麻語部たぎまかたりおむなである。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
荒々しい声と一しょに、立って、表戸と直角かねになった草壁の蔀戸しとみどをつきあげたのは、当麻語部たぎまのかたりおむなである。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
それに直角ちよつかく方向ほうこうからるとかべ正面整列しようめんせいれつられたといふ。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
これは支那しなの『』といふ武器ぶきおなじように、つるぎかしらつか直角ちよつかくよこにくっつけて使つかつたものとおもはれるのであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
ただ大地と直角ちょっかくにでき上っている所だけが泥でなくって壁に似ている。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)