死児変相しじへんそう
母上さま、—— 久しくためらつてゐましたこの御報告の筆を、千恵はやうやく取りあげます。 じつは姉上のお身の上につき申しあぐべきことのあらましは、もう一月ほど前から大よその目当てはついてをりました。だのに千恵は、「わからない、わからない」と、 …
作品に特徴的な語句
かた わず うつ あか ため おも 真新まあた まな まだ うか すさ けん 格子ごうし つま たず かご つま たぐ 沙汰ざた ばこ ひら いと こん しわが あざ 地金ぢがね こす から よみが 嬰児えいじ 箪笥だんす あつ じょう はず 怖気おぞけ はじ いま 火照ほて 沙漠さばく 火燵こたつ はげ 無精ぶしょう せん 物凄ものすご 物馴ものな 生憎あいにく 産婆さんば 産褥さんじょく 田舎いなか 留守るす あと がん 白々しらじら 白堊はくあ 白毛しらが 益々ますます 目蓋まぶた まゆ 真似まね まぶ 睡気ねむけ 瞳孔どうこう 矢庭やにわ 祖母ばあ まれ 稍〻やや 空掘からぼ うかが 筆蹟ひっせき はず 築地つきじ 篤信とくしん こも 素人しろうと 総毛そうけ 編上あみあげ しげ しも 門閥もんばつ かんぬき 閃光せんこう 闖入ちんにゅう 面影おもかげ ページ 鋪装ほそう あら