“篤信”の読み方と例文
読み方割合
とくしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その画才と篤信が、どういふ筋道だつたかは存じませんが司祭さんに見出されて、だいぶ前からN会堂の教僕として住み込んでゐたのです。
死児変相 (新字旧仮名) / 神西清(著)
軽慓狠険篤信小吏大塩平八が、天保八年の饑饉に乗じ、名を湯武放伐り、その一味い、火を放ちて大坂城を乗り取らんとしたるが如きは
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
左護軍篤信中郎将 丁咸
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)