“篤信”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とくしん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“篤信”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その画才と篤信とくしんが、どういふ筋道だつたかは存じませんが司祭さんに見出みいだされて、だいぶ前からN会堂の教僕として住み込んでゐたのです。
死児変相 (新字旧仮名) / 神西清(著)
左護軍篤信とくしん中郎将 丁咸ていかん
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)