“篤信者”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とくしんじゃ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“篤信者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし以前からメソジストの篤信者とくしんじゃであった白鷹久美子夫人は、かねてから彼女のそうした悪癖に対して一種の同情を持っていた。
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
吉さんは隣字の人で、日蓮宗の篤信者とくしんじゃ、病気が信心でなおった以来千里眼を得たと人が云う。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)