“のが”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
41.9%
23.3%
13.8%
11.8%
4.9%
1.0%
0.7%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
野駆0.3%
野駈0.3%
解脱0.1%
退0.1%
野驅0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“ワシントン、一夜のうちに崩壊す——白堊館最初に犠牲となる。危機一髪、ル大統領、身を以てれる。崩壊事件の真相全く不明”
法師丸は間一髪のところをれてまだ外囲いの篠垣を越えないうちに、方々の櫓や望楼から貝や太鼓を一時に鳴らし出すのを聞いた。
飛行機は、あのとおり無惨な姿になってしまったから、いくら暴れても、この島をれることは出来ないだろう。どうだ。和睦せぬか。
怪奇人造島 (新字新仮名) / 寺島柾史(著)
不夜城を誇り顔の電気燈にも、霜枯れ三月しさはれず、大門から水道尻まで、茶屋の二階に甲走ッた声のさざめきも聞えぬ。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
う云う時勢であるから、私は一身をんでドウでもしてれさえすればいと云うことに心掛けて居ました。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
面白くりし一座もけて、らす巻莨の煙の、急駛せる車の逆風らるるが、飛雲の如く窓をれて六郷川むあるのみ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
住みめば山にるる心安さもあるべし。鏡のなる狭き宇宙の小さければとて、き事の降りかかる十字のに立ちて、行きう人に気を配るらさはあらず。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と、忽ち、秋三は安次を世話する種々な煩雑さかられようとしていた今迄の気持がなくなって、ただ、勘次の家を一日でも苦しめてみることに興味を持った。
南北 (新字新仮名) / 横光利一(著)
塵の世のわづらひよりれ、理路のかしきを辿らで、かなるこころは
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
友なる男は、アントニオ、物にや狂へると私語ぎて、急に婦人をきつゝ、巡査、希臘人、牧婦などにいでたちたる人の間を潛りてれ去りぬ。その聲を聞くに、ベルナルドオなりき。
(二)載籍めてけれども、六蓺ふ。(三)詩書(四)けたりとも、れども(五)虞夏(六)れんとするや、虞舜る。
「おらはただ、馬に乗って、野駆けに来たんだ。——後なんかけに来たんじゃないや」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そうだ、あしたはまた、その御主人のお供で、朝から狩場り、お帰りにはまた、庄内川で水馬や水泳のお稽古だろうて。——おおれも野駈けの支度だぞ。膝行袴草鞋を見ておけよ」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一瞬時なりともこの苦悩この煩悶を解脱れようとめ、らくの間というものは身動もせず息気をも吐かず死人の如くに成っていたが、倏忽勃然跳起きて
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
さけのすばしりは雪前河原などにある事也。かれあみにせめられ人にもはれなどして、水を飛離れて河原にのぼり、ある所をこえて水にとび入りてあみを退るゝ也。
鷹野野驅け、遠乘りに頃合なので、代々の將軍始め、大名、旗本、諸家の留守居、若侍達に、一番人氣のあつた遊び場所でもあつたのです。