“絹張”の読み方と例文
読み方割合
きぬばり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒縮緬羽織唐繻子め、小さい絹張蝙蝠傘に置き、後丸ののめりに本天鼻緒のすがつた駒下駄いた小粋婦人が、女
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
また、大通りの絹張繪行燈横町々々軒提灯も、祭禮相應しい。紅提灯納涼る。それから、えた萬燈は、のお會式はせる。
祭のこと (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
由「幸兵衛が初めてまいりましたのは、其の年の五月絹張行灯が一対出来るので」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)