“棺槨衣衾”の読み方と例文
読み方割合
かんかくいきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高陵の地、父の墓のかたわらに、棺槨衣衾の美を供えて、孫権はあつく葬った。歌舞音曲のまること月余、ただ祭祠の鈴音と鳥の啼く音ばかりであった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)