“ごつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
33.3%
33.3%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わしあ、よかこつした。今日たい。小樽へ帰ってっと馬車ん一台ったもんな。そこで五円札ば、うんち投げえて、何処どこっちゃよかけん、五円がつぬしがよかごつけさせちいうて、じゃらんじゃらんじゃらんじゃらん駈け廻ったもんですたい。愉快でしたもんな。大臣になったごたった。」
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
アフリカのほうにははるかにごつとした岩山の懸崖けんがいが見え、そのはずれのほうはミラージュで浮き上がって見えた。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
話して見ましたもんな。あの爺さん、何でもあれを神戸でうて来て、たった一度しか手をとおさないちいいましたけんな。なに、ちっとばっかり惜しかごつしとりましたたい。そげんかこついうたっちゃでけん、あげなさい、何か書いてもろうてやるけんよかたい。そげんか支那服いつでん金ば出しゃ買わるっじゃろが。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)