“つかう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
66.7%
使33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こころみに問う、天下の男子、その妻君が別に一夫を愛し、一婦二夫、家におることあらば、主人よくこれを甘んじてその婦人につかうるか。
中津留別の書 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
夫を主人と思ひ敬ひ慎みてつかうべし。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
一 下女を使つかうに心をもちうべし。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)