“つかい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
使72.2%
使者19.4%
使徒1.4%
消費1.4%
1.4%
天使0.7%
神使0.7%
使人0.7%
使命0.7%
僕使0.7%
車夫0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先ず明智小五郎の事務所へ使を出したが、明智氏はある重大犯罪事件のに、朝鮮に出張中で、急に帰らないという返事であった。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
それも神様のお使者や、大人ならばも、うした小供さんの場合には、いかにも手持無沙汰当惑するのでございます。
やっぱり神の使徒というだけのものはある——などと。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いよいよ破産なんだ。親が僕に遺していった金は基督降誕祭前に銀行から引出したやつで全部だが、昨日までに消費果して、見給え、ここに百円残っているきりだ。これが無くなると、厭でも日頃の君の忠告に従わなければならない」
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
台所へ来て見ると、小洋燈しては有るがお鍋は居ない。皿小鉢の洗い懸けたままで打捨てて有るところを見れば、急に用が出来てにでも往たものか。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
それは堕されて、涙に目のくもった天使たちの一人であったろう
そこに、堕された天使たちが来て罠をかけて
がお神使神様から真先きにいきかされたお言葉は、ではあまりよくえてもりませぬが、大体こんなような意味のものでございました。——
あのお爺様から産土神のお神使として、たに帰幽した取扱うことにかけてはこのもなくお上手で、とてもなどの足元にもぶことではありませぬ。
杢若がその怪しげなる蜘蛛の巣を拡げている、この鳥居の向うの隅、以前医師の邸の裏門のあった処に、むかし番太郎と言って、町内の走り使人、非時の振廻り、香奠がえしの配歩行
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
つまらない連中に関係って、もしものことがあろうものなら、使命を全うすることが出来ぬ。……そうだ、あいつらをマイてやろう
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
さしえて御顔打守しに、やかなる御気象、もし玉わざるのみか何の苦もなくさらりとあき、重々の御恩うて余る甲斐なき身、せめて肩め脚れとでも僕使玉わばまだしも
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と、そう気が付いて、手紙の裏には「牛込区喜久井町、雪岡」と書いて車夫に、彼方に行ってから、若しも何処から来たと聞かれても、牛込から来た、と言わしてくれと女中に頼んだ。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)