“つかっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
使50.0%
使用50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これを私が奥平様にお買上げを願うと云うのは、この代金を私が請取うけとって、その金は私が使つかって、うしてその御買上おかいあげげになった原書を私が拝借しようとう云うので
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
デその途中私はひと首肯うなずき、この下駄と傘が又役に立つ、駕籠にのったって何も後に残るものはない、こんな処がつつしむべきことだとおもったことがあります、マアそのくらいに注意して居たから、ほかして知るべし、一切いっさい無駄な金を使つかったことがない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
○「勘次てめえの身分にしちゃア金遣いが滅法にあらえが、桔梗屋で使用つかった金はありゃア何処どこから持って来た金だ」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)